変数と変数カスタマイザー

操作メモ

  ゲームを作る上でさけては通れないもの、それが変数です。

 「変数」は数値を記憶できるガジェット、「変数カスタマイザー」は変数の数値を変更したり取得したりできるガジェットです。

オレンジのアイコンの最後です

基本の使い方

  • 変数を設置して英語で名前を付ける
  • 値の設定:変数カスタマイザーで変数名を指定して値を「セット」または「プラス」「マイナス」
  • 値の取得:変数カスタマイザーで変数名を指定 して値を「ゲット」

 変数カスタマイザーで変数名を指定する時は、上下キーで既存の変数名を選択できます。直接入力すると間違えるので、選択入力のクセをつけるようにしておきましょう。

 ちなみに変数ガジェット単体でも現在値を取得できます。ですが、遠く離れた場所で値がほしくなるケースが多いので、基本は変数カスタマイザーで値を取得すると考えていいでしょう。

変数の値を別のシーンに引き継ぐ

 変数をシーン間で引き継ぎたい場合は、「ドリーム内でキープ」の設定をオンにして、使う先のシーンでも同じ名前・設定の変数を用意します。

教えてチップでも指示があります

「ガジェットをシーン間でコピーする」という操作はありませんので、大量の変数を使いたい場合、いったんマイクロチップにまとめて、そのマイクロチップを作品として保存しましょう。そうすれば別のシーンで「検索」からそのマイクロチップを使えるようになります。

オブジェクトを「選択」した時のメニューから、エレメントとして保存しよう
(画像はアーリーアクセス版のもの)

Dreams Universe 一覧に戻る

Dreams Universe
XYZ軸をキッチリ移動させる

 3D制作環境ではX/Y/Z軸の座標を扱います。編集の際には対象物を真正面から捉えたり真上から捉えた …

Dreams Universe
エミッターを使ったエレメント作品の注意点

 今回ご紹介するのはエミッターを使ったエレメント作品の注意点です。 注意点を簡単に言うと、スタンプし …

Dreams Universe
ダイアログ表示マシン

 今回のテーマはダイアログ表示マシンです。選択肢を表示するだけのガジェットではありますが、つまずくか …