複数の状態を切り替える

操作メモ

今回のテーマは、ON/OFFだけではおさまらない、複数の状態を切り替える場合の作り方です。
やり方はたくさんありますが、とりあえずシンプルに思えるものを紹介します。

変数(変数カスタマイザー)

(関連記事:変数と変数カスタマイザー

たとえば難易度を示す変数を用意しておいて、0ならイージー、1ならノーマル、2ならハード、といった感じで当てはめて使います。
値を判定するには「カルキュレーター」ガジェットを使います。

カルキュレーターは、オレンジの真ん中あたり

次の画像は変数で状態を切り替える例です。変数カスタマイザーで「ゲット」した値を、カルキュレーターで判定します。

カルキュレーターのBの値はガジェット内で入力するか、よそからワイヤーをつなげて設定

よくも悪くも、複数の状態が両立する形を作りやすいです。

セレクター

複数の状態のうち、どれか一つを有効にするなら「セレクター」ガジェットがそのものズバリです。

セレクターは、オレンジの真ん中より左側。論理ゲートの次です
  • A~Jまでのポートの「どれか一つ」に切り替えられる
  • 「次のポートに進む」「前のポートに戻る」という指示を出せる
  • ポートAはゲーム開始直後に有効になる
次のポートがない状態で「次に移動」すると、Aに戻ります

もしポートの切り替えと同時にたくさんのオブジェクトの動作を切り替えたいなら、トランスミッターの出番です。(関連記事:トランスミッターとレシーバー

それぞれのポートから出てきたワイヤーをトランスミッターに接続しましょう。そうするとポートが選択されている間、トランスミッターからシグナルが送信され続けます。トランスミッターには名前が必要ですので、この状態を表す名前を付けると良いでしょう。

Dreams Universe(アーリーアクセス版) の記事です。製品版には適用できない可能性があるのでご注意ください。

Dreams Universe 一覧に戻る

Dreams Universe
制限ゲート

 今回の記事は、制限ゲートについてゼロから説明するような口ぶりで書かれている部分もありますが、実際は …

Dreams Universe
Door Helper

 ギミック/ロジックシステム。「Single」「double」「Slide」の3パターン。 概要   …

Dreams Universe
ペイントが置き去りになる時の対処法

 ペイントやペイントアニメーションで作ったエフェクトについて、オブジェクトとグループ化して、ゲーム中 …