複数の状態を切り替える

操作メモ

 今回のテーマは、ON/OFFだけではおさまらない、複数の状態を切り替える場合の作り方です。
 やり方はたくさんありますが、とりあえずシンプルに思えるものを紹介します。

変数(変数カスタマイザー)

(関連記事:変数と変数カスタマイザー
 たとえば難易度を示す変数を用意しておいて、0ならイージー、1ならノーマル、2ならハード、といった感じで当てはめて使います。
 値を判定するには「カルキュレーター」ガジェットを使います。

カルキュレーターは、オレンジの真ん中あたり

 次の画像は変数で状態を切り替える例です。変数カスタマイザーで「ゲット」した値を、カルキュレーターで判定します。

カルキュレーターのBの値は手直しメニューで入力するか、よそからワイヤーをつなげて設定

よくも悪くも、複数の状態が両立する形を作りやすいです。

セレクター

複数の状態のうち、どれか一つを有効にするなら「セレクター」ガジェットがそのものズバリです。

セレクターは、オレンジの真ん中より左側。論理ゲートの次です
  • A~Jまでのポートの「どれか一つ」に切り替えられる
  • 「次のポートに進む」「前のポートに戻る」という指示を出せる
  • ポートAはゲーム開始直後に自動的に有効になる
次のポートがない状態で「次に移動」すると、Aに戻ります

 セレクターは順次処理を作る時にも有効です。「処理1をやってからでないと処理2はやっちゃダメ」。そんな時はセレクターで上から順番に処理を済ませてから次に進んでいくとイメージしやすくなります。

Dreams Universe 一覧に戻る

Dreams Universe
XYZ軸をキッチリ移動させる

 3D制作環境ではX/Y/Z軸の座標を扱います。編集の際には対象物を真正面から捉えたり真上から捉えた …

Dreams Universe
エミッターを使ったエレメント作品の注意点

 今回ご紹介するのはエミッターを使ったエレメント作品の注意点です。 注意点を簡単に言うと、スタンプし …

Dreams Universe
ダイアログ表示マシン

 今回のテーマはダイアログ表示マシンです。選択肢を表示するだけのガジェットではありますが、つまずくか …