シーンのつなぎ方

操作メモ

この記事のテーマはシーンをつなぐ手順です。
例としてタイトルシーンとゲームシーンをつなぐ方法を記載します。

  • シーン内にドアを置く
    ・出口/入り口/両方の設定を意識する
    ・ドアに名前をつけておく
  • ドリームにシーンを配置して、ドア同士をワイヤーでつなぐ
    ☆つなげられるのは「出口から入り口」「出口から両方」「両方から入り口」の3パターンです。
    ☆つなげられるのは別々のシーンです。

以上です。

続いて、とりあえず試したい場合の例として、タイトルシーンとゲームシーンをつなぐ手順を記載します。

1.タイトルシーンを用意

  • 「ゲーム」をゼロからクリエイト。
  • ダイアログを設置
     選択肢は「start」
  • ドア(出口)を設置
  • ドアの電源を「start」選択とつなげる
  • 保存

2.ゲームシーンを用意

  • 「ゲーム」をゼロからクリエイト。
  • 「ドア(入り口)」を設置。
  • 保存

3.シーンをつなぐ

  • 「ドリーム」をゼロからクリエイト。
  • 検索からタイトルシーンを選択
  • 検索からゲームシーンを選択
  • それぞれのシーンのドアがコネクタのように表示されるので、ワイヤーでつなぐ

以上です。

ドアが複数あるなら、ドリーム上でのコネクタもその分表示されます。ドアに名前をつけて、区別できるようにしておきましょう。

「出口」ドアは、電源ONにすると起動します。
「入口」ドアは、そのドアでシーンに入ってくると勝手に起動します。何か初期処理をやりたいなら、ドアの「起動中」のアウトプットが合図に使えるでしょう。

☆複数のシーンが必要な作品なら、公開するのは「ゲーム」ではなく「ドリーム」です。ドリームを公開する際、そこで使用している「ゲーム」や「エレメント」単位についても公開するか、隠すかを設定できます。

最後のドアに注意

出口ドアを配置する時の注意点です。

  • ドア(出口)を設定して別のシーンにつなげないと、ゲーム終了の扱いになる。
  • テストプレイ中にゲーム終了を迎えた場合、「やめる前にこの作品を保存しますか?」の選択肢が出る。
    ⇒ 「保存しない」「戻る」「保存」
  • このうち「保存しない」を選んでしまうとエディットモード自体が終わるので、前回の保存~テストプレイ開始までにエディットした内容が破棄されてしまう。

テストプレイ直前に保存していれば失敗はありませんが、忘れないとも限りません。念のためゲーム終了ドアは、すべての作業が終わってから設置/有効化しましょう。

Dreams Universe(アーリーアクセス版) の記事です。製品版には適用できない可能性があるのでご注意ください。

Dreams Universe 一覧に戻る

Dreams Universe
制限ゲート

 今回の記事は、制限ゲートについてゼロから説明するような口ぶりで書かれている部分もありますが、実際は …

Dreams Universe
Door Helper

 ギミック/ロジックシステム。「Single」「double」「Slide」の3パターン。 概要   …

Dreams Universe
ペイントが置き去りになる時の対処法

 ペイントやペイントアニメーションで作ったエフェクトについて、オブジェクトとグループ化して、ゲーム中 …