はじめに  小説の書き方に正解はないものの、基本的な文章ルールというものはあります。これを守っていないだけで、内容に関係なく「稚拙である」などという残念な評価をされてしまうかもしれません。  書き始めて間もない頃はきゅう…